※ 2014年10月より「おかやま柔道部」として、新たなスタートを切りました。しばらくの間、情報の更新と、サイトのリニューアルを同時に行っていきますので、みなさまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程、よろしくお願いします。
これからも 岡山県柔連様、岡山県武道振興会様 のご指導を仰ぎながら、運営していきたいと思います。

 

 


岡山武道館 柔道部 一般稽古班の有志サイトです。日頃の稽古情報や懇親会などの情報を配信しています!
広く開かれた道場です。興味・関心のある方、ぜひ参加ください。
 

facebookページ:https://www.facebook.com/okayama.judo

 

  

〜岡山武道館から行事予定のお知らせ〜
  • 今年は12月19日(金)が稽古納めになります。
  • 2015年寒稽古は1月8日(木)〜11日(日)、朝6:00ー7:00まで稽古、7:00より1時間程度自由練習。
  • 1月12日(月)は朝8:30-9:20まで稽古、9:30から鏡開き式。
    10:00より演武会となっております。
  • 武道学園・一般練習は2015年1月15日(水)から稽古始めです。


例年と少し違いますので、ご確認よろしくお願いします^^

 

トップ  >  トピックス  >  関係者からの謝辞  >  三宅先生 あいさつ「10年間ありがとうございました」

アクセスカウンタ

今日 : 5
昨日 : 3131
総計 : 294150294150294150294150294150294150
LogCounterX by taquino

新IJF試合審判規定

新IJF試合審判規定画像

新IJF試合審判規定の用紙を配布致します。PDFでの配布とさせていただきます。参考にしていただければと思います。

メインメニュー

無線LANスポット

モバイルスポットチラシ画像

岡山武道館では岡山県公衆無線LANスポットとしてご利用いただけます。
WEPキーは『okayama012345』、武道館付近の駐車場からも使えます。尚、フィルタリング機能がついており、有害サイトへのアクセスはできません。
是非ご利用ください。

モバイルサイト

QRコード画像

岡山武道館用のモバイルサイトβ版を開設しました。
※一部機種において表示できない場合があります。

関係者からの謝辞 :  三宅先生 あいさつ「10年間ありがとうございました」

投稿日時: 2010年03月31日 (3290 ヒット)

10年間ありがとうございました。紙面をお借りしてお礼申し上げます。この間、学園生約200名さらに一般練習で参加された方を含め数多くの方々を指導させて頂くことができました。

赴任当初は、前任高校での部活動指導とは違い、小学生の指導に戸惑い、どのように指導すれば理解してもらえるのか指導方法を模索しながらの毎日でした。なぜ投げることができるのか、抑 えることができるのかなど技術を分かりやすく、ま た子供達の目線に立ち、どのように声をかけ、物事に例えたり、楽しくやる気をもって練習ができるかなどを常に気にかけながら指導にあたりました。それを後押しするように子供達の柔道に対する真剣な眼差しがさらなる指導意欲を駆り立てました。

岡山武道館が県下武道のセンターという立場から、目 先の勝ち負けにこだわることなく、将来を見据えて正しい柔道の指導を行ってきました。試 合で勝ちたいという子供が勝てず、どのようにすれば勝つことができるのか、しかし勝負にこだわりすぎた柔道をしてしまうとその場のみで次につながらなくなってしまう、こんな葛藤がありました。練習終了後、希望者には、技を受け、投げられてやったり、また、一般練習にも参加させていくことで徐々に力をつけていきました。

保護者の方には、我が子はもちろんのこと他の子供の帯も結んでいただいたり、つらくて泣きだしても励ましてくださり、近所や学校で柔道を勧めてくれたり、いつも細かなところで助けてもらい、温かく見守っていただきました。

非常勤指導員、研修員の先生方には、仕事で疲れた後にもかかわらず精力的に指導にあたられ、また、試合では子供達にアドバイスや応援をしていただきました。一般練習では、中学生から中高年の方までと幅広く、それぞれの方にあった指導、ポイ
ントを押さえたアドバイスを心がけました。また、私自身、実際に組んでみてどのような状態なのかを感じないとより良い指導ができないため、率先して打ち込みや乱取りを行いました。

練習前に道場を走り回ったり、綱登りで遊ぶ子、誉めてやる気を出した子、叱られて気落ちする子、暑中稽古後の冷えたスイカの差し入れに喜ぶ子、寒稽古でのあまりの寒さに震えて泣き出す子、鏡開き式で温かいぜんざいを美味しそうに頬張る子、試合や昇級試験で緊張した顔の子、試合で勝ってうれしさのあまり泣き出す子、大会で活躍する中学生、高校生となった卒園生、片道50分かけて我が子の送迎をされる保護者、我が子に触発されて柔道を始めたお母さん、熱心に通われた外国人の方、道場に溢れんばかりの人で回りを気にしながらの乱取り、底冷えする道場で数人での乱取り、「先生、お願いします」と私と続けて何本も乱取りをした方、練習終了後も打ち込みや研究を居残ってされる方、初段を取得し嬉しそうに黒帯を締められた方、就職や転勤で来られなくなった方、差し入れで多くのカップ・即席ラーメンを持参してくださる方、自費で一般練習紹介のホームページを立ち上げられた方、それを見て増え出した参加者また岡山での出張に合わせて県外から柔道衣を持参し参加された方、柔道談義で盛り上がった一般練習参加者との打ち上げ・忘年会など多くのことが思い出されます。

ある人に「自分の特技を活かせるいい仕事ですね。その上、来ているのは柔道をやりたいと意欲がある人たちですよね。」と言われたことがあります。練習に参加される方は、誰もが柔道が好きで、強くなりたい、上手になりたいという方ばかりでした。皆さんに支えられて指導にあたった日々は、私の今後の柔道人生にとって大きな糧となり、また人生にとっての大きな財産となったことは間違いありません。
 

(柔道指導員 三宅 裕)

関係者からの謝辞一覧